Office Matching Mole on the Web
オフィス・マッチング・モウル

スタッフ紹介

 


ディレクター/代表取締役
内藤美和
Director / NAITO, Miwa

 

1963年1月1日愛知県刈谷市生まれ。大谷大学 文学部仏教学科中退。フリーランスライターを経て、1989年から1998年まで、ノブギャラリー (愛知県岡崎市/2007年閉廊) にてアシスタント・ディレクターを勤める。その間、展覧会の企画、カタログの編集、ワークショップの企画に関わる。1993年からは「オフィス フロッサ」名義で再びフリーランスライターを兼業。主に行政や企業の出版物、ウェブサイトで、現代美術とは無関係の文章書きを地味に行う。当時の代表作は「未来への水脈 下水道基本構想 (1996年/名古屋市下水道局発行) 。稀にウェブサイトの制作も請け負う。1999年1月から、現代美術とそれに関わる人々を広く世間に知らしめようという意気込みだけで、日本初の著作権エージェント会社であるボイルドエッグズのウェブマガジン Boiled Eggs Online にエッセイ『アートの冒険者たち』をバイマンスリーで連載 (1999年12月連載終了)
 
オフィス・マッチング・モウルはパートナーの池田ちかとの共同経営であるが、年功序列で内藤が代表に就任。2001年3月、事務所の法人化にともない、「有限会社オフィス・マッチング・モウル」の代表取締役社長となる。営業と企画を担当。その上、電話番からウェブサイトの制作まで、あらゆる業務をこなすがんばり屋さんでもある。暇とお金があってもなくもかかせないのは落語。完全なるインドア派の出不精だが、仕事と落語のために重い腰をあげて日々移動を続ける。座右の銘は「決して後悔しないこと」又は「明日、考えよう」。山羊座的な地味かつ堅実な資質をベースに持ちながら、最終的には典型的なO型のオプティミスト。ローカルエリアから日本全土に向けて、一本筋の通った息の長い活動を続けて年老いていきたいと星にお願いするおちゃめな54歳。アートに関してはあまり言及しない私的つぶやきは こちら 。愛知県岡崎市在住。
 


プログラム・ディレクター/取締役
池田ちか
Program Director /
IKEDA, Chika

 
 
 
 
 
 

 

1968年3月30日名古屋市生まれ。 多摩美術大学 美術学部芸術学科プロデュースコース卒業。 株式会社池内美術レントゲン芸術研究所 (現・株式会社レントゲンヴェルケ/東京) の立ち上げスタッフとして企画展をはじめ、ライブパフォーマンスや映画上映、各種イベントに関わる。1996年、同研究所の移転にともない退社。 その後、編集工学研究所を経て、 岡崎市美術博物館 の学芸員として勤務。携わった主な展覧会に「天使と天女 天界からのメッセージ」 (1996) 、「家康の生きた時代 東と西の出会い」 (1997) 、「新たな信仰に生きる 蓮如・ルター・民衆」 (1998) など。また、演奏会レクチャーとして「チベット密教の瞑想音楽」 (1997) 、「ルターの讃美歌とバッハのカンタータ」 (1998) なども企画。 1998年にはフリーランスに転身し、各地の展覧会等の企画や美術全般のコーディネートなど幅広く手掛ける。図録編集「ジャズの街角 Part 1」 (岡崎市美術博物館) 、「モランディ展」 (東京都庭園美術館) 、展示構成「ホール提携記念展示:響の架け橋」 (すみだトリフォニーホール) 、番組企画「ノストラダムス 1999」 (名古屋パルコ アストロドーム)など。
 
流れる血の半分は熊本県人。3歳の頃より父親の膝の上で焼酎を舐めていた幼子は、必然的に立派な酒豪に成長して現在に至る。キャッチフレーズは「エレガント&まごころ」。オフィス・マッチング・モウルでは、主に企画を担当。2001年3月、事務所の法人化にともない、「有限会社オフィス・マッチング・モウル」取締役副社長、プログラム・ディレクターとなる。移動時には運転も担当。なかなか達者なドライヴィング・テクニックの持ち主。これまた3歳の頃より父親の膝の上でハンドルを握っていたらしい。繊細で堅実に仕事を確実にこなす姿はA型っぽいが、最終的にはO型本来の楽天的気質とパワーで次から次へと課題を突破していく不屈の49歳。愛知県大府市在住。
 

アシスタント・ディレクター
森田潤子 (旧姓:山口)
Assistant Director/
MORITA , Junko

 
1981年6月21日愛知県豊川市生まれ。スタート間もない三河・佐久島アートプラン21の平田五郎による『佐久島空家計画2/大葉邸』(2002年度事業)にボランティアとして参加。佐久島でのアートプロジェクト史上、現在に至るまでもっとも過酷だったと断言できる虎の穴化した作業環境において、真面目で明るい働き振りが評価され、2003年1年間、 静岡芸術文化大学 文化政策学部在学中にオフィスマッチングモウル初のインターンとなる。卒業後の2004年4月にこれまた初の正社員として入社。2007年9月末、出産のために惜しまれながら退社するまでアシスタント・ディレクターとして在籍。
 
2009年から非常勤スタッフとして徐々に現場に復帰、2011年4月からアシスタントディレクターとして本格復帰。現在は事務全般及びワークショップ等をバリバリ担当。ブランクをまったく感じさせない頼もしい働き振りでオフィスマッチングモウルの縁の下の力持ちとなっている。趣味は高校生の頃に始めた茶道を今でもマイペースで続けている。血液型は0型。双子座の35歳。愛知県豊川市在住。
 

アシスタント・ディレクター金沢みのり
Assistant Director/
KANAZAWA , Minori

 
1989年11月14日愛知県豊川市生まれ。名古屋芸術大学 美術学部美術学科アートクリエーターコース卒業。大学1年生だった2009年、三河・佐久島アートプラン21の松岡徹展『佐久島のお庭 其ノ三』 (2008年度事業)にボランティアとして参加。以降、オフィスマッチングモウルが手がける多くの展覧会・ワークショップを手伝い、几帳面さと明るくしっかり者なキャラクターがかわれて、2011年度の1年間、オフィスマッチングモウルのインターンとしてさまざまな現場を体験した。2012年4月から正社員として入社。アートマネジメントの遠く険しい道を歩き始めたばかり。
 
趣味は読書。猫が好き。好きな食べ物はうどん。性格は「何でもやりたがる。特に舞台裏が好き」という縁の下の力持ちタイプ。血液型はA型。学生時代はバスケ部所属の体育会系でもある。さそり座の女。27歳。
 

Top

 
 モグラ屋とは?    業務内容    活動履歴    週刊モグラ屋通信    NEWS    GALLERY NETWORK    特集記事      TO HOME  

 オフィス・マッチング・モウルへのご連絡、お問い合わせは E-mail/office@m-mole.com へお気軽にどうぞ